育毛マッサージのコツ1

MENU

育毛マッサージのコツ1

マッサージは血行促進に効果的

育毛マッサージのコツ1

育毛ケアに育毛剤を使っている方は多いと思いますが、薄毛の原因の一つに血行不良があります。血行が悪いと血液がうまく流れず、育毛に必要な栄養が頭皮に届かないため髪が育たないという結果になってしまいます。

 

血行が悪くなる原因としては、ストレスのため過ぎや睡眠不足、偏った食事などがあります。生活習慣を変えるのはなかなか大変ですが、血行を改善する手っ取り早い方法が頭皮や薄毛が進行しやすい前頭部やおでこを直接マッサージすることです。

 

自分でも正しいやり方とコツさえつかめば簡単にできます。頭皮を傷つけずに定期的にマッサージしていくことで血液の流れを促進し、髪を作るうえで必要なたんぱく質の元となる成分を血液から取り込みやすくなり、薄毛や抜け毛予防につながります。

 

マッサージ方法

まず、側頭部のマッサージから見ていきましょう。爪をたたせないように、指の一番盛り上がったところを使うように意識しながら、左右の耳の上の「角孫」というツボに親指を除いた4本の指をあててください。親指は後頭部に当てて安定させ、4本の指をゆっくりと円を描くように優しくマッサージしていきます。

 

そのまま指をゆっくりと上にづらしていき、場所を変えます。下から上に血液を送るイメージで行いましょう。次に頭頂部のマッサージです。両耳からまっすぐ頭のてっぺんをめざし、今度は眉の間から上になぞって交差した部分を両手の中指でゆっくりと押します。

 

あまり強く押しすぎないように気持ちいというところで止めておきましょう。これは頭痛や不眠の改善にもつながります。後頭部の真ん中のくぼんだ所に両手の親指を当てて、左右交互に押していきます。ここには肩こりのツボもあるようです。最後に首の後ろの髪の生え際に親指をあてて押し上げるようにマッサージしていきます。この時他の4本指ももむように動かすと効果的です。これで頭全体のマッサージは終了です。

 

マッサージのコツ

マッサージを行う時にはいくつか気を付けたい点があります。まず爪は切った状態で行いましょう。爪が当たってしまうと頭皮を傷つけてしまいます。爪をたてず、指の腹をあてて優しく行っていきます。自分の頭皮の状態を見ながら、硬くなっているところや気持ちいいと感じるところを重点的に行います。

 

頭皮が乾燥している時に行うと傷をつけやすくなりますから、お風呂上りや育毛剤を使った後など頭皮が潤っている時に行いましょう。頭のマッサージのツボをおさえて血行促進につながるように定期的に実践してみてください。

チャップアップ

関連ページ

育毛マッサージのコツ2
育毛シャンプーや育毛剤などを使用するときなど、マッサージをするのが効果が期待できると言われています。ここでは、育毛マッサージのコツをさらにわかりやすく解説していきます。
お風呂でできる簡単ケア
育毛ケアは、入浴中も出来ることがあるんです。ここでは、お風呂で簡単にできる育毛ケアの方法について、わかりやすく解説していきます。
発毛促進でボリュームアップ
髪の毛は薄くなってくると、隙間が目立ったり、ひと目が気になったりするものです。ここでは、発毛を促進することで出来る髪の毛のボリュームアップはどうやって出来のか、その方法などをわかりやすく解説していきます。
髪の毛ボリュームを増やす3原則!髪の量を増やせるようにしよう
髪の毛の量(ボリューム)を増やすには、どのようにすれば良いのでしょうか?少しでも髪の毛をフサフサにして、薄毛が気にならなくなるための、毛髪を増やすためのいろいろな方法についてわかりやすく解説していきます。
毛根を強く育てればOK
簡単に抜けづらい強靭な髪の毛は、強い毛根から生まれるって知っていましたか?ここでは、薄毛にならない強い髪の毛を作るための、強靭な毛根の育て方についてわかりやすく解説していきます。
適切な洗髪で育毛促進
薄毛に悩んでいるなら、人一倍髪の毛を洗うときは気を使ったほうがいいんです!ここでは、薄毛を食い止め、ふさふさの髪を取り戻すために、適切な洗髪をする方法についてわかりやすく解説していきます。
冬こそ髪の毛をしっかり洗おう
薄毛を予防し、髪の毛を守ってふさふさの頭髪になるためには、季節と髪の毛の関係を知っておくこともとっても大切なポイントになります。ここでは、冬こそ髪の毛をしっかり洗って、薄毛を予防するというポイントについてわかりやすく解説しています。