育毛剤の副作用と対策

MENU

育毛剤の副作用と対策

購入する前には副作用の有無を確認

育毛剤の副作用と対策

育毛剤には塗るタイプのものと飲むタイプのものがあります。選ぶ時にはもちろん第一に効果、そして値段、安全面を考えることでしょう。それと同時にどんな副作用があるのかも比べてみるのは良いといえます。効果があるということは当然副作用もあると想像できます。

 

副作用の頻度や程度を知っておくと、使い初めてその症状が出始めてもおどろかずに事前に対策して育毛剤を継続できます。育毛剤の種類はとても多いのでどんな商品を選ぶかによっても効果や副作用は異なります。さらに個人差もありますから、ある人が出なくても自分には副作用が出るという可能性も十分考えられます。

 

ですから購入する前には、含まれている成分が自分に効果がありそうか、副作用やアレルギーは出そうかなどを検討することが賢明です。効果しか謳っていないメーカーよりも、細かな商品説明やレビューや口コミなどのたくさんの情報を開示している育毛剤を選ぶようにしましょう。

 

サプリメントは特に気を付けよう

せっかく飲むのだから確かな効果を実感したいものですが、できるだけ副作用のない安全なものを利用したいものです。とくにサプリメントタイプなど、口から摂取するものは慎重に選びたいですね。商品説明でいくら無添加だとアピールしていても、飲んでしまって副作用やアレルギーが出てからでは遅いですから、本当に副作用がないということを最初に確かめておくのはとても大切です。

 

もし成分を見ただけではわからないというときはスマホやパソコンでその成分を検索して調べてみることもできます。さらに薬局で薬剤師の方に尋ねてみるのも良いかもしれません。育毛サプリメントも育毛剤もドラッグストアにいろんな種類が置かれています。

 

成分の副作用

育毛剤に良く使用される成分でミノキシジルというものがあります。ミノキシジルは低血圧症や炎症、湿疹や頭皮のかゆみなどが副作用として出ることがあります。内服薬のプロペシアはAGAの原因ともなる男性ホルモンの働きを抑える効果がありますが、その反面で食欲不振や胃痛、男性機能の低下、性欲の減退等などの副作用が体にでることがあります。心配な方はこれらの成分が含まれていない育毛剤を選ぶことが良いかもしれません。

 

副作用は人によっては出たりでなかったりしますが、基本的に使用量や回数などの用法を守れば感じないという方も多いです。育毛に必要な成分は含まれているのも当然ですが、その他の添加物は配合してある量ができるだけ少ない方がいいでしょう。保存料や着色料、鉱物油、パラベンなどはなくても問題ないですし、かえって体に蓄積されていくとき何らかのリスクもあると考えられます。

 

ミノキシジルは血管を増幅させて体内に流れる血液をスムーズにさせます。頭皮の血行が悪いことで毛髪トラブルが発症する人は多いようです。毛髪は毛母細胞が細胞分裂を起こして成長していきます。毛乳頭細胞から毛母細胞へと必要な栄養をおくります。ミラキノジルは血管を増幅させることでこの栄養の受け渡しをスムーズにしてくれるのです。

 

ただ人によっては頭皮に湿疹ができたり、かゆみが出たりすることもあります。心配な方は、対策としてメーカーのお試し期間なども使って試してみてから定期購入をするというのも良いかもしれません。

チャップアップ

関連ページ

育毛剤の成分と効果を把握しよう
育毛剤はどうして、薄毛を予防し育毛に効果が期待できるの?その髪の毛が抜けづらくなり、育ちやすくなる効果が期待できる成分として、どのようなものが含まれているのかわかりやすく解説しています。
髪の毛の状態に合わせて育毛剤を選ぼう
育毛剤は、髪の毛の状態で、効果が発揮されるものとそうでないものがあるので、コンディションを知っておくことはとっても大事!ここでは、どうして髪の毛の状態に合わせて育毛剤を選ばなくてはいけないのかなど、わかりやすく解説しています。
人気の育毛剤の効果体験談
効果がある育毛剤は、人気が高く、リピーターも多いと言われています。ここでは、育毛剤選びの参考にしてほしい、人気の育毛剤の効果と、それを利用した人の体験談を紹介していきます。
市販のスカルプシャンプーの体験談
薄毛が気になりだしたのであれば、一般的に市販のシャンプーの成分は刺激が強すぎて髪の毛にとって良くないと言われています。ここでは、薄毛予防に効果が期待できると言われている、市販のスカルプシャンプーの体験談を紹介していきます。