育毛剤の成分と効果を把握しよう

MENU

育毛剤の成分と効果を把握しよう

育毛剤は自分の頭皮の状態にあったものを選ぼう

育毛剤の成分と効果を把握しよう

育毛剤はいろんな種類があります。ですから「かまわずどれでもいい」という選び方だと効果が実感できないことがあります。まずは自分の頭皮の状態を確認し、それにあった選び方が大切です。それぞれ使用されている成分は特定の原因に働きかけるように配合がされているからです。

 

この育毛剤が一番売れているとか、このブランドが有名だからといって必ず全員の薄毛や抜け毛に効果があるとは限りません。育毛剤の成分と効果、そしてタイプについてみていきたいと思います。

 

成分別育毛剤

育毛剤の成分は大きく分けると4つに分けられます。

 

まず一つ目はホルモンに働きかける成分です。脱毛ホルモンを抑制するミノキシジルやフィナステリドが含まれている育毛剤は、独自開発の成分や天然成分で抜け毛の原因となるホルモンをブロックしてくれます。

 

二つ目は血行を促進する成分です。血行を促進する効果のある成分はほぼどの育毛剤にも含まれているといってもいいでしょう。血行が悪いことで栄養や酸素、血液が十分毛根に達しないということを防ぎます。

 

三つ目に髪を生成する細胞に働きかける成分です。

 

四つ目は頭皮の環境を整える成分です。皮脂の過剰分泌によって育毛が妨げられないようにします。男性用の育毛剤に多くスカルプシャンプーなども同じ効果があります。

 

女性用の育毛剤の場合は反対に、乾燥を防ぎ保湿効果のある成分などが配合されています。頭皮を触ってみて硬くなっているようであれば血行促進する成分を、髪の毛がパサついているなら栄養を与える成分が含まれているものを、頭皮がベタついているならば頭皮のトラブルを改善してくれる成分が含まれているものを、原因別に選ぶことができます。

 

タイプ別育毛剤

育毛剤というと直接頭皮に塗るタイプのものが真っ先に思い浮かびますが、育毛剤は塗るタイプのものと飲むタイプのものがあります。

 

塗るタイプの育毛剤にはおもに4つの効果があります。「毛穴の汚れを落とす」「頭皮の炎症を抑える」「栄養を十分与える」「血行をよくする」といった効果です。

 

サプリメントなど飲むタイプの育毛剤は抜け毛が起こる原因に直接働きかける作用のある医薬品と、髪の成長を促進する栄養素が詰まって内側から育毛をサポートするサプリメントがあります。

 

医薬品タイプの育毛剤は男性型脱毛症の原因とされる男性ホルモンの生成を阻害する成分が含まれています。サプリメントは育毛に有効な栄養素がたくさん詰まっています。

 

そのため、この二つの使い分けの方法は、抜け毛の原因がはっきり女性男性型脱毛症(FAGA)と分かっているなら医薬品、生活習慣が原因となっているならサプリメントを選ぶことができます。もちろん副作用や過剰利用によるデメリットも把握して対策したうえで利用することで効果はもっとはっきり出るようになります。

 

育毛剤は薄毛の原因に働きかける成分を配合しているので、選ぶ際にその成分と自分の頭皮への効果を把握しておくことが大切です。

チャップアップ

関連ページ

髪の毛の状態に合わせて育毛剤を選ぼう
育毛剤は、髪の毛の状態で、効果が発揮されるものとそうでないものがあるので、コンディションを知っておくことはとっても大事!ここでは、どうして髪の毛の状態に合わせて育毛剤を選ばなくてはいけないのかなど、わかりやすく解説しています。
人気の育毛剤の効果体験談
効果がある育毛剤は、人気が高く、リピーターも多いと言われています。ここでは、育毛剤選びの参考にしてほしい、人気の育毛剤の効果と、それを利用した人の体験談を紹介していきます。
育毛剤の副作用と対策
育毛剤はどんな人にとっても良いというわけではありません。ここでは、育毛剤を使って失敗しないために知っておきたい、副作用とその対策などについて、わかりやすく解説しています。
市販のスカルプシャンプーの体験談
薄毛が気になりだしたのであれば、一般的に市販のシャンプーの成分は刺激が強すぎて髪の毛にとって良くないと言われています。ここでは、薄毛予防に効果が期待できると言われている、市販のスカルプシャンプーの体験談を紹介していきます。