薄毛には食生活の改善で髪の毛へ栄養補給をする

MENU

薄毛には食生活の改善で髪の毛へ栄養補給をする

髪の毛へ栄養補給

薄毛には食生活の改善で髪の毛へ栄養補給をする

朝起きて枕に付いた抜け毛を見て洗面台の鏡に向かい手鏡を加えて、三面合わせ鏡にして頭頂部を確認するのは私だけでは無いはずです。
日を追うごとに頭頂部の原っぱの空き地面積が増えてゆき地肌が、広がるにつれ対策はどうすれば良いのか悩んでしまいます。

 

薄毛を進行させないようにする対策には色々考えられますが薄毛の予防、対策として食生活の改善による栄養補給などが重要になります。

 

薄毛改善栄養素

魚介類に多く含まれるタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富な、緑黄色野菜などをバランス良く摂ることも薄毛対策になります。

 

食事の食べ方も薄毛と関係があり髪の毛は細胞ですから血液から栄養を取り込んで細胞分裂をして新しい髪の毛を作っています。
ですから血流が悪いと髪は生えてこないことになります。

 

血流を悪くする食べ方

血流を悪くする食べ方は、髪の毛の成長ホルモンが活発に分泌する夜10時から深夜2時までの間、寝る前は食事をしないことです。
その時間帯に胃に食べ物が入っていると血液は消化をする為に胃に集中し発毛の為の血液が頭皮に行かない状態になってしまうのです。
また沢山食べるという事も血流が悪くなって髪に栄養が届かずに発毛の邪魔をしますので、肥満と薄毛は血流で結ばれています。

 

抜けた後に生やす事が重要

男性は一般的に成人を迎えた頃から徐々に頭髪が減り始め、この薄毛になる生理現象を男性型脱毛症と呼んでいます。
薄毛とは男性ホルモンの変化が髪の毛の成長を止めて寿命より早く抜け落ちてしまう状態をいいます。
髪の毛が抜けることが薄毛に繋がるという事ではなく寿命を終えて、抜けた後に新しく正常に生えてこない状況が薄毛に繋がるのです。

 

原因として男性ホルモンの変化による遺伝的要因や頭皮皮脂の分泌量が過剰になり汗と作用して抜け毛を進行させるもの、
不規則な食生活や睡眠不足などの生活習慣の乱れからくる栄養の不足などが関係しているといわれています。

 

最後に現代病ともいえるストレスによりホルモンのバランスが乱れ血行不良と栄養が不足して抜け毛につながると考えられています。

 

食生活を改善して発毛を促進し、悩みをなくし三面合わせ鏡のお世話にならないように一日も早くなりたいと思います。

チャップアップ

関連ページ

男性の髪の毛は頭皮のクレンジングと栄養補給で長持ち元気ヘアに改善
最近枕に髪の毛がつく方、薄くなってきたと思う方にアドバイスで、抜け毛やシャンプーの際に髪が抜けて薄毛が気になる方の解消法です。 何かしらの刺激による心と体に受ける色々な状態をストレスといい、精神的ストレスや仕事疲れなどの肉体的ストレスも薄毛につながります。